不動産投資のエイムプレイスについて

1990年代ぐらいまでの投資方法

1990年代ぐらいまでの投資方法なにも投資先が無くて迷っている人におすすめ適したプランを紹介してくれました

1990年代ぐらいまでは、銀行などの金融機関の定期預金を預けておけば、1000万円まで元本全額保証で年利数パーセントの利回りで運用できました。
だけどそんな楽だった時代も終わって、日本も政府主導の日銀によるマイナス金利政策で、ゼロ金利政策によってまったく利息が付かなくなってしまいました。
このまま銀行に定期預金を預けても、どんどん持っている資産が物価上昇に追いつけないで目減りするので、資産運用を考えるようになりました。
資産運用で始めに、株式も考えましたが価格の上がり下がりに毎日相場を一喜一憂するのはストレスも溜まって、気になって仕事に集中でいないので素人向きじゃないと断念しました。
銀行でしきりに投資信託をすすめられましたが、よく資料を読んだら、手数料がかなり高額でほとんど定期預金と変わらない商品が多くて勿体ないと考えて止めました。
テレビのニュースで、暗号通貨取引で大儲けしている人の報道が流れて興味がわきましたが、逆に大きく下がる報道もあってギャンブルみたいなので自分向きではないなと考えました。
外国為替取引も考えましたが、これも手数料がかなり掛かりギャンブル的な要素があって止めました。

SEOコンサルって改善案を資料に書き起こす時間が大変で、見せ方というかそのへんが得意ではないので弊社(僕が)はなかなか事業が大きく育たなかった。
正直フルフルでお任せしてもらったほうが結果は出ると思うが、なかなか金銭+信頼の部分で折り合いがつかないケースが多い。

— 河上隼人|HAYATOMAN|エイムプレイスの社長 (@hayatoman1980) March 10, 2021